息子のアトピー性皮膚炎

25歳になる息子は、3歳の時にアトピー性皮膚炎を発症しました。
幼い頃、目立つのは顔の症状でした。特に目の周りは常に真っ赤で腫れぼったく、顔をいつもこすっていました。
耳たぶの下はいつも切れていて、顔以外では膝の裏や肘の内側がいつもじゅくじゅくとカサカサが同居していました。
全身の症状があるために、いつも手がどこかをさすっているので、落ち着きのない子に見られていたと思います。
これはアトピーというものかな?と思い始めた時に、皮膚科を受診しましたが、いわゆる「ステロイド」の塗り薬を処方されました。
当時、インターネット、パソコンなど一は般家庭に普及していませんでしたので、何となく聞く噂で怖いイメージしかなくて、自己判断で薬を遠ざけていましたので、ずっと同じ症状を引きずっていました。

5歳になった時に、何か他に解決策はないものかと大きな病院で診てもらうことにしました。
「上手にお薬を活用してください」
「きっと大人になったら軽減しますよ」
案外、見通しの明るい診断を受けて、それから少しお薬と仲良くすることにしました。
症状に合わせて薬を使い、朝のシャワー、お風呂ではタオルでなく手で洗うことを勧められて実行していました。
しばらくすると、少しずつ症状が軽くなってきました。

アレルギーテストでは、幸い食べものやペットなどのアレルギー反応は見られなかったために、食事制限はありませんでしたが、肌のケアをこまめにしていくことは結構大変でした。
症状には波があって、高校生の頃は背中を中心に悪化して、じゅくじゅくした皮膚からの浸出液で制服が汚れてしまうこともありました。
また、思春期のまぶたの症状は可哀想なものがありました。
アトピーかゆみ止め薬もなかなか効かなくなっていきました。
大学受験の時は手が常に動いていたので、集中できず苦労していたようです。
本人は、自分のことだから向き合って、付き合っていくよと言ってきちんと肌のケアに取り組んでいました。

その後、大学生になり、東京での一人暮らしをするようになりました。
田舎暮らしでこれなのに、都会に行って身の回りをきちんとできなくなれば、きっと悪化すると心配していましたが、上京後、自分で皮膚科を探してアドバイスを受けていたようです。

上京して10か月目、冬休みに帰省したのですが、久しぶりの息子の顔をみてびっくりしました。
冬のかさつく時期だというのに、息子の皮膚はほとんど分からないくらいに症状が無くなっていたのです。

「小さいときに言われたように、大人になったから治ったんだろうか?」
息子はあの当時の、病院の先生の言葉を覚えていたようです。
きっと良くなると信じて、大変なケアも、顔の症状で恥ずかしいと思う気持ちも乗り越えてきた結果が実を結んだようです。
もちろん、個人差のあるものですから、皆にあてはまるものではないでしょうけど、こんなケースもあります。
症状を見ながら、自分にあった対処方法を見つけて、継続していくことを頑張ってくれて本当に良かったと思います。

通学が苦痛で休んだ日々不登校

私が中学生の頃、どうしても学校に行けない時期がありました。それは今考えると起立性調節障害というものだったのかもしれません。詳しくはありませんので、断定することはできませんが、特に学校に行きたくない理由が明確ではなかったようにも思います。今ではただの甘えだったと考えることもありますが、起立性調節障害という言葉を当時知っていれば該当する点は多かったように思います。とにかく怠慢であると親には怒られ、理由を聞かれても明確に返答出来なかったのが辛い時期でもありました。私は学校での勉強についていけなくなることもなく、ごく普通の学生でした。しかしながら、休みが1日、2日と増えて行くたびに学校に行くことが出来なくなり、その理由から親には心配をかけてしまいました。学校に行かないことで外的要因が生じてしまい、それが苦痛であったことを今でも覚えています。しかし一週間以上休んだ時、親は心配してくれて何も言わずに休んでいる私を気遣ってくれました。理由は聞かずに気遣ってくれた気持ちがとても嬉しく、何とか通学したいという気持ちに私を動かしました。まず当時は夜遅くまで起きていましたので、早く寝れるように日中は活動的に生活をするようにしました。もちろん直ぐにとはいきませんでした。起立性調節障害サプリも飲むようになり理解ある親のおかげで学校に再びいけるようになりましたので、今でも本当に感謝しております。

ヘルペスはストレスをためない事

私が初めてヘルペスになったのは、中学生の時でした。
机と一緒に倒れて大きな打ち身が出来た上に、沢山の発疹が出来ました。
その時は、発疹が枯れるまで病院に通いました。それからしばらく出なかったですが、20代に入ってすぐ働きだしてから、勤務時間がバラバラで、長時間働くようになってから、唇にヘルペスが出るようになりました。
病院に通っていましたが、治ってはまたすぐ出来るのを繰り返していたので、自分でも、唇がピリピリして少し痒みが出ると、あっ、ヘルペス出来るなって言うのが分かるようになってきました。

なるべく、よく寝るようにしていましたが、仕事を変えるまでは頻繁に出来ていました。転職してからは、寝不足が続くと出る程度ですが、酷くなる前に市販薬を購入して塗っていました。
しかし、市販薬を使っていると、逆に唇が荒れてしまったので、先生から市販薬をは使わないように言われました。
今は、ピリピリと症状が出て、ポツポツ出始めると、すぐに生活スタイルを見直して、なるべくリップなど塗らずに、乾燥させています。
それでも、治らない時は病院に通うようにしています。
最近日本でもヘルペスサプリが販売されたとかずっとこんなサプリメントがないかな?
って思ってました。
ヘルペスが予防出来たら病院に行く回数も減るでしょう。
ネットで注文出来たので注文してみたところです。
ヘルペスは、1度なると頻繁になると聞くので、なるべくストレスを溜めずに生活するように心掛けています。

コラーゲンを美味しく摂るにはコラーゲンドリンクがお手軽!

30代後半になり、急に肌のたるみが気になり始めました。シワが目立つのはもちろんですが、何となくたるんで元気がなく見えます。年齢特有のものだと諦めることは簡単ですが、少しでもハツラツと元気に見えれば、と思い、美容にいいものを何か摂取しようと思い立ちました。
さまざまな美容品、健康食品の宣伝があり、どれも本当に効果がありそうに見えます。何が今の自分に必要なのかもわからなくなってきました。しかし、自分の肌のたるみという問題に向き合った時に、必要なのは「コラーゲン」だと気づきました。
「コラーゲン」で検索した結果と、同じ世代の女友達の情報から、とりあえず「森永製菓 天使の健康おいしいコラーゲンドリンク」を試してみることにしました。
美容サプリメントは値段が高いというイメージがあり、しかも継続的に摂取してこそ効果が現れるというのは当然のことです(日々老化も進んでいくわけですから…)。そこで一番気になるのは、摂取のしやすさと値段。この商品は、1日分が紙パックに入っていて持ち運びも便利。味もさすがはお菓子の森永製菓、「喉が渇いたな」「ちょっと一休み」といったときにおいしく飲めます。
お値段も「これが本当に飲む美容液?」と思うほどお安い、初回限定のお試し12本セットはなんと1,000円。その後続けることもあまり負担になりません。
美容ドリンクが初めてという方は、お試しする価値は十分あります。